食費には毎年50万近くかけるのに、自己投資はしない人たち

どうも、こんにちは。

じゅうきちです。

最近、固定給の方が10万円以上上がりまして、調子に乗って毎日外食生活してます。

僕は港区に住んでるのですが、六本木とか西麻布とか普通に外食は高いです。

一食3,000円とか余裕であります。

流石に僕は一食千円〜1500円とかが多いですが、、

ここですごく思うのは、
僕らみんな毎日食に最低でも1000円くらい使うんですよね。

自炊だけの人でも大半は毎月3,4万円くらいは使うと思うんですよね。

飲み代とかも含めて年間40万円くらい。

でも、毎月3万円自己投資に使ってる人ってマジで少ないです。

なぜでしょうか?

昔の僕も含めて多くの人は学ぶことのメリットを知らないからです。

学べば自分を成長させることができます。

ニートだった頃の僕は、
プログラミングはできなかったし、
タイピングですら危ういレベルでした。

でも今はエンジニアとしてやってけてるし、
圧倒的に頼まれる仕事が多くなりました。

特に営業しなくても1件報酬60万円の案件が転がり込んでくることもあります。

もちろん一流のエンジニアに比べれば劣りますが、
大学を中退し、落ちこぼれだった僕は自分がここまで変われたことを誇りに思います。

じゃあなんで落ちこぼれだった僕が成長できたかといえば、
圧倒的に自己投資したからなんです。

当時、全然お金はなかったですが、
月数万円もするプログラミングスクールを受講したり、
有料のもくもく会に何度も参加しました。

現在はありがたいことに無料のプログラミングスクールもでているのでめちゃくちゃエンジニアになりやすい環境は整っています。

ぶっちゃけこれだけ環境が整っているのにやらない人はなかなか成長しないし、金銭的に成功は難しいです。

まぁそういう人達が大半だから、めちゃくちゃおいしくはあります。

まとめていくと、「もっと自己投資しようぜ」って話です。

お金も時間も。

食費とか遊びとか貯金するためにお金使うくらいなら、
自己投資して、
成長して、
どんどん自分が変われるなことに使うのがベストです。

ではでは。

----------------------------------------------------------------------------------

僕じゅうきちは大学中退ニートからエンジニアになることができました。


エンジニアはいいですよ。需要のあるスキルがめちゃくちゃ付きます。


大学を中退して、学歴のなかった僕は将来物凄く不安でした。


自分を保証してくれるものがないからです。


就職もムズイし、年収も低くなるだろうし、結婚も無理だと思ってました。


でもエンジニアに就職してからは充実したスキルが着くことによって、日々の不安がなくなり充実した毎日をおくることができています。


どんな人間でもきちんと勉強していけば、エンジニアに就職することはできる。


じゅうきちがエンジニアになるまでの過程は下の記事で公開しています。


大学中退からエンジニアになれたじゅうきちの物語
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大学中退
→ニート
→引きこもり
→IT企業

超学歴コンプを拗らせて、
一度自暴自棄になり、世捨て人になる(ニート)。
ここままじゃと思い、再起する。

大学中退の希望の星になる。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる