大学中退を決断した理由!重度のマイナス思考な私がむしろプラス思考に?!

こんにちは! ちさです。
大学附属校出身でそのまま法学部に進学→中退。
現在在宅のお仕事を中心に
フリーランスで生活をしています。

実際に大学を中退はしましたが
私もそれなりに大学生活に希望を抱いていました。

大学中退を決意するのはかなり勇気がいる事だと思います。

世間体を気にして中退を迷っていたり、
中退をして後悔したなんて人ももしかしたらいるかもしれません。

そこで世間体や評価を人一倍気にする私が、
普通なら安心な道を行くはずなのになぜ大学中退に至ったのか。

理由をご紹介します!

目次

目的のない大学生活に違和感を感じる

大学に進学するのには人それぞれの理由があると思います。

  • 大学で友達をたくさん作ってキャンパスライフを堪能したい!
  • サークルに入って合宿や飲み会などに参加してみたい!
  • 将来つきたい職業のために学業に専念したい!
  • 高校が附属校だったためエスカレーター式で進学した!

私の理由は最後の
“高校が附属校だったためエスカレーター式で進学した”でした。

当時はなにも考えず、とりあえず私立の附属校に
入れさせてもらったからという軽い気持ちでいた私。


でもいざ大学生活が始まると想像とは違っていました。

何も目的もなく送る大学生活は苦痛そのものでした。

なんで興味もない分野のつまらない講義を、
高い学費と時間をかけて毎日聞いているのだろう
と思うようになったのです。

両親が用意してくれた進路だから通わなくてはいけないという義務感と、
ただなんとなくで通っている事に少しづつ違和感を感じていました。

人間関係が苦手すぎてひとりぼっちになる

「壁に寄りかかって寝落ちする女性」の写真[モデル:にゃるる]

私は小さい頃から性格がマイナス思考で
大学に行っても友達なんかできっこない
なんて思うようなとても暗い子でした。笑

なかなか周りに馴染めない性格のため、
最初から諦めて自分から友達を作ろうとなんてしませんでした。

そんな私でしたが入学まもなくして一人だけ話かけてくれた子が!!
ついに話すようなお友達ができ嬉しかった記憶があります。

でも1年の終わり頃からあまり大学にその子がこなくなり、
来たと思ったら「前回のノート見せてもらえない?」といった会話がメインに。

のアイコン画像

「この間の講義のノート貸してもらえない?」

のアイコン画像

「いいよー!」


協力しあうという意味ではいい事なのかもしれませんが
結局使われているだけか…と悲しかった思い出があります。笑

後から知った話ですが、入学してからはみんな出遅れないように
まず友達作りに必死になるそうです。

出られない講義のノートを見せてもらったり出欠確認を代わりにしてもらったり。
(それだけが目的とは限らないけれど)

のアイコン画像

「みんな利己的なやつ。友情とはどうせそんなものか…」

笑顔で「いいよ^^」といいつつ              
心の声は割と常に黒かったです。笑

そんな感じで、大学生活で友情リア充生活を送ることはありませんでした。泣

友達やサークルといった楽しい環境を自分で作ることができれば、
もしかしたら大学中退していなかったのかなぁ…なんて少し思ったりもします。

安心な環境に焦りを覚え悩む

最初の方にお話ししましたが、
私は高校が附属校だったため大学にはエスカレーター式で進学しました。

それも両親の計らいでそのまま大学に入れるように
高い学費を払って私立に行かせてもらっていたわけです。

ただ今までの自分を振り返ってみると、
自分の意思で物事をすすめてきたことがあまりありませんでした。

「守られすぎている鳥籠のなかの鳥」状態。

特にそれが苦痛なわけではなかったです。

のアイコン画像

「このままだと自分の意思が分からなくなってしまいそうだ…
何の不自由もなく進学して、このままなんとなく就活をするのか…」

大学の講義を聞きながらこんなことを考え、ノートに落書きをする日々。

今まであまり真剣に自分の人生の目標について考えてこなかったけれど、
この時初めて真剣に考えるようになった気がします。

大業を成し遂げた偉人を知る

のアイコン画像

そもそも大学を出ていないと不幸になるのだろうか?


気になった私は世界の大業を成し遂げた偉人の経歴を調べることにしました。

すると大学を中退している偉人が意外と多いことを知りました。

もちろん自分が大業を成し遂げる偉人になると
思っていたわけではありません。

大学を卒業しないといけない事なんてないのではないかと考えたのです。

調べてみると名だたる著名人が出てきました。

  • 「Appleの創始者スティーブ・ジョブズ」
  • 「Microsoft社 ビル・ゲイツ」
  • 「facebook創始者 マークザッカーバーグ」
  • 「元ライブドア代表取締役社長 堀江貴文」

大学を中退したから成功したわけではないかもしれません。

しかし学歴が全てではないということを示してくれています。

誰もが知ってる著名人たちも昔は無名の一般人。
大学中退を“失敗”にするかは自分次第でしかないんだとこの時思いました。

のアイコン画像

「あれ?私ってそもそも就職したい企業なんてないぞ?」

考えてみれば自分にとって興味のある分野は、
特に学歴がないとだめな分野ではないことに気がついた私はここで考えました。

確かに

“大学を卒業しました”
“大学を中退しました”

ならば前者の方が圧倒的にいい。

でも

“大学を中退しました。(その後、成功をおさめました。)”

ならどうだろう?

のアイコン画像

よし、自分を追い込もう

大学に行く気もなくなってきてしまった私は
その後何度か両親と話し合い、中退をすることになりました。

今思い出してみても大学生活の約2年間は毎日が葛藤で、
正直楽しいキャンパスライフなんてものではなかったです。

大学よりアルバイトメインの生活にいつしかなっていました。

学歴コンプレックスがあるかと聞かれたらないとは言い切れないです。

でも、自分の人生は自分で選びそして自分で責任をとる
ということをしっかり考えて行動していくことが、
せめてもの親孝行にもつながるのではないかと考えました。

この大学中退を経て、
はじめて大きな決断を自分でしたということに
大きな何かが得られたきがしています。

これから先も人生において大きな決断を幾度となくすることでしょう。

その第一歩がこの大学中退を決断するということだったと今は思っています。

まとめ

マイナス思考で気にしいな私が大学中退を決断した理由

  1. 目的のない大学生活に違和感
  2. 人間関係が苦手すぎてひとりぼっちになる
  3. 安心な環境への焦り悩む
  4. 大業を成し遂げた偉人を知る

結果的に今は色々なことにチャレンジをしながら、
もし失敗しても失敗して“よかった”と思えるように努力する事が大切”
という考えになりました!

一度大きな決断をして自分の中である意味吹っ切ることができたから、
チャレンジ精神が養われている気がしています。

世間体や周りの評価、人と違うことをするという抵抗を気にしすぎず
自分なりの人生を送ることが何より大切なのだと心から思っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

幼い頃からマイナス思考で
何にしても最悪のシナリオを想像するけど
大学を中退してから失うものがほぼなくなり
人生観が変わったちさです。

現在フリーランスで生活中。

どうせいつかこの世からさるならば
自分の思うままに生きてゆきたい!
(人に迷惑かけすぎない程度に)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる